TEL:055-222-1140

〒400-0861 山梨県甲府市城東4-17-5

適応疾患

求人情報
HOME»  適応疾患

頚(くび)

  • むち打ち
  • 頸部捻挫
  • 外傷性頸部症候群
  • 変形性頸椎症
  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 後縦靭帯骨化症
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎症性神経根症
  • 後縦靱帯骨化症
  • 黄色靱帯骨化症
  • 斜頚
  • 外傷性頚部症候群
  • 頚肋
  • 腕神経叢損傷
  • 胸郭出口症候群
  • 側弯症
  • 脊髄腫瘍
  • 転移性脊椎腫瘍
  • 脊髄損傷
  • しびれ(脊椎手術後のしびれ)

むち打ち病

交通事故や、自動車の急停車によって、首がむちのようにしなったため起こる症状です。むち打ち病は、首の痛みだけではなく、頭痛、吐き気、めまい、肩や背中の痛み、倦怠感などの症状があります。

変形性脊椎症

頸椎という、頭を支えている骨が少しずつ傷ついて変形していく病気です。主に加齢が原因です。肩こり、頸部の痛み、頭痛、吐き気、手足のしびれ、排尿障害、などの症状がでます。

頸椎椎間板ヘルニア(けいつい ついかんばん)

骨と骨の間にある、クッションの役割をしているのが椎間板です。その椎間板が、日常のささいなことで飛び出し、背骨をとおっている神経を圧迫することで痛みが生じます。神経がとおっているところに痛みが出るので、肩や手のしびれなどの症状もでます。

  • 肩こり症
  • 翼状肩甲骨(翼状肩甲)
  • 五十肩(肩関節周囲炎)
  • 肩腱板断裂
  • 石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)
  • 腕神経叢損傷
  • 胸郭出口症候群
  • 反復性肩関節脱臼

肩こり症

首筋や首の付け根から、背中にかけて、凝り・張り・痛みが発生いたします。ひどいと、頭痛や吐き気を伴います。

五十肩

五十肩と、肩こりは全く違うものです。五十肩は肩関節の周囲の炎症が原因で起こります。肩から腕にかけての痛みと、腕の動きが制限され、腕が上げられないなどの症状がでます。

肩関節石灰沈着性腱板炎(けんかんせつ せっかいちんちゃくしょう けんばんえん)

40代~60代の女性に多いと言われています。ちょっとしたことがきっかけで急激に痛みが増してきて、夜も眠れないくらいになります。

脊椎

  • ロコモティブシンドローム
  • 側弯症
  • 脊髄腫瘍
  • 転移性脊椎腫瘍
  • 脊髄損傷
  • 後縦靱帯骨化症
  • 黄色靱帯骨化症
  • しびれ(脊椎手術後のしびれ)
  • 脊椎椎体骨折
  • 変形性脊椎症
  • 小児の脊柱側弯症
  • 強直性脊椎炎

腰椎(こし)

  • ぎっくり腰
  • 腰痛
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎変性すべり症
  • 腰椎分離症
  • 分離すべり症
  • 側弯症
  • 脊髄腫瘍
  • 転移性脊椎腫瘍
  • 脊髄損傷
  • 後縦靱帯骨化症
  • 黄色靱帯骨化症
  • しびれ(脊椎手術後のしびれ)

ぎっくり腰(急性腰痛症)

腰にいきなりの過負荷がかかった時に起きます。検査をしても、神経痛が発症しなかったり、椎間板や骨格組織に異常が認められなかった場合にこの症状名が付けられます。根本的な原因があるわけではなく、毎日少しずつため込んだ筋肉疲労や、骨格の歪み、が原因と言われています。

腰椎椎間板ヘルニア(ようつい ついかんばん)

腰椎椎間板ヘルニアは、一般的な腰痛とはメカニズムが違います。椎間板ヘルニアは、腰椎椎間板が突出し脊髄の中枢神経や末梢神経が圧迫されて痛みがでます。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶ せきちゅうかん きょうさくしょう)

脊柱管(せきちゅうかん)とは背骨に囲まれた管状の空間のことで、神経や血管が通っています。脊柱管を構成する組織の変形によって脊柱管が狭くなったり、先天的に狭い場合に、神経や血管が圧迫されます。それに伴ない、腰痛や下肢のしびれなどが起こります。

胸椎(せなか)

  • 胸椎椎間板ヘルニア
  • 側弯症
  • 脊髄腫瘍
  • 転移性脊椎腫瘍
  • 脊髄損傷
  • 後縦靱帯骨化症
  • 黄色靱帯骨化症
  • 脊椎椎体骨折

上肢

  • 橈骨神経麻痺
  • 尺骨神経麻痺
  • 正中神経麻痺
  • しびれ(上肢のしびれ)
  • 前骨間神経麻痺
  • 後骨間神経麻痺

肘関節

  • 肘部管症候群
  • テニス肘(上腕骨外側上顆炎)
  • 肘内障
  • 上腕骨顆上骨折
  • 野球肘
  • 変形性肘関節症
  • 前骨間神経麻痺
  • 後骨間神経麻痺
  • 尺骨神経麻痺

手関節

  • 橈骨遠位端骨折(コレス骨折・スミス骨折)
  • 手根管症候群
  • 舟状骨骨折
  • キーンベック病
  • ドケルバン病
  • ガングリオン

ばね指

  • 母指CM関節症
  • ヘバーデン結節
  • マレット変形
  • 指の屈筋腱損傷
  • 切断された指の再接着
  • 強剛母指
  • 爪周囲炎
  • デュピュイトラン拘縮
  • ドケルバン病
  • ガングリオン
  • 橈骨神経麻痺
  • 正中神経麻痺
  • 尺骨神経麻痺

下肢(脚)

  • ロコモティブシンドローム
  • O脚
  • X脚
  • 腓骨神経麻痺

股関節

  • 変形性股関節症
  • 坐骨神経痛
  • 発育性股関節形成不全
  • 臼蓋形成不全
  • 特発性大腿骨頭壊死症
  • 大腿骨頚部骨折
  • 鼠径部痛症候群
  • 骨盤骨折
  • ロコモティブシンドローム

変形性股関節症(へんけいせい こかんせつしょう)

股関節の痛みで、最も知られている病気です。関節軟骨という、骨表面を覆って関節の動きを滑らかにしている部分が、何らかの原因ですりへってしまうために起こります。
生まれつき股関節に問題がある「先天性股関節脱臼」などあった人がその後発症するケースが多いです。

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)

坐骨神経痛は腰痛と違い、おしりや下肢に、しびれやつっぱりがでるのが特徴です。座っていると痛くなったり、歩いているとつっぱって歩けなったりします。腰椎(背骨の腰の部分)の椎間板がはみ出して、神経祖圧迫することで痛みがでます。

膝関節

  • 変形性膝関節症
  • 膝内障
  • 半月(板)損傷
  • 膝靱帯損傷
  • 膝離断性骨軟骨炎
  • オスグッド病
  • スポーツによる膝の慢性障害
  • 膝蓋骨脱臼
  • 腓骨神経麻痺
  • O脚
  • X脚
  • 膝関節捻挫
  • 足関節
  • 足関節捻挫
  • 足関節果部骨折(脱臼骨折)
  • アキレス腱断裂
  • 肉離れ
  • 距骨骨軟骨損傷

変形性膝関節症(へんけいせい しつかんせつしょう)

関節軟骨という、クッションの役割をしている部分がすりへり、関節炎が生じます。歩行時の膝の曲げ伸ばしに痛みがでます。また、関節に「みず」がたまることもあります。進行すると骨が露出したり、変形したりして、膝を動かすのも制限がかかり、日常において障害となります。

膝内障(しつないしょう)

膝の関節、骨、半月板、靭帯、関節軟膏などに傷があり、腫れや痛みなどの症状がある場合につけられます。半月板損傷、靭帯損傷、その他の損傷・障害の総称として使われています。スポーツ障害、捻挫によるものが多いです。

PageTop