TEL:055-222-1140

〒400-0861 山梨県甲府市城東4-17-5

骨粗しょう症

求人情報
HOME»  骨粗しょう症

骨粗しょう症とは?

骨量の減少と骨組織微細構造の異常の結果、骨に脆弱性(もろくて弱くなること)が生じ、骨折が生じやすくなる疾患です。
 高齢社会を迎え、骨粗鬆症の患者さんは年々増加の一途をたどり、約1000万人を突破しているといわれています。以前は単なる加齢現象ととらえられていましたが、骨粗鬆症は骨の病的な状態と考えるべきです。骨が脆弱化した結果、脊椎椎体圧迫骨折や大腿骨頸部骨折などの重大な骨折を生じると患者さんのの日常生活動作を著しく低下させ、さらには生命予後にも関わってきますので、早期診断・早期治療開始が望まれます。
 当クリニックでは、全身骨密度測定装置DEXA(最も推奨されている脊椎と大腿骨頸部にて測定)だけでなく、脊椎及び大腿骨頸部のレントゲン撮影、必要に応じて骨代謝マーカーの測定を行い早期診断・早期治療開始を心がけています。また、万が一、脊椎圧迫骨折や大腿骨頸部骨折を生じた場合は貢川整形外科病院を始め近隣の医療連携病院を紹介させていただいており、退院後は当クリニックにて治療を継続させていただいております。

骨粗しょう症検診

40歳~70歳(5歳刻み)の女性を対象に骨粗しょう症検診が行われています。
女性は閉経後に骨強度の低下がみられるので、1年に1回は骨量を測定するとよいです。低下率が大きいと医師の診察をうけ、半年に1回のペースで測定していきます。20代~40代後半までの骨量はあまり変化がないので、一度測って知っておくとよいでしょう。男性は、寝たきりや胃腸・肝臓の障害がなければ、70代以降からの測定が望ましいです。

BKP(経皮的椎体形成術)

 BKPとは皮膚から専用の針を挿入し、風船(Ballon)を骨折した椎体の中でふくらませた後、骨セメントを充填して曲がった背骨を矯正する(Kypho Plasty)手術の専門用語で椎体形成術(BKP)と呼ばれており、脊椎圧迫骨折が適応となります。これまで脊椎圧迫骨折を受傷すると長期安静を余儀なくされていましたが、BKPによって長期安静の必要がなくなり除痛効果も十分に得られます。手術と言っても小さな皮膚切開で済むので体に対するダメージもほとんどありません。

PageTop